子供の可能性を広げるオンラインサロン!!!

子供の可能性を広げるオンラインサロン!!!

子供の可能性を広げるオンラインサロン!!!

子供の可能性を広げるオンラインサロン!!!

1 件のレビューがあります
平均スコア 1.0

こんにちは~!!

【親子で学べる!”おかね”の学校!!】

お子さんの可能性を広げる!そのためにはまず”おかね”の知識をつけましょう!!


しかし、、、


どこから教えた方がいいか悩みますよね!!?

まずお子さんに興味を持ってもらうことが重要になります。でしたら、”おかね”がどうやって生まれたのか?その歴史を教えてあげることで興味を持ってもらえるかもしれません!!!

日本のお金はどのような歴史があるのでしょうか?

日本で最初に作られた”おかね”は708年発行の和同開珎(わどうかいちん)とされていましたが、それより前に富本銭(ふほんせん)が作られていたことがわかりました。

その後、江戸幕府を開いたことで知られる徳川家康が貨幣制度の統一に乗り出し、1601年に金・銀貨を発行しました。。これにより、金・銀・銭の三貨幣を基本貨幣として全国的な統一が図られました。統一通貨の基礎は江戸時代に築かれたということです。明治時代になると「円」という単位の新しい「貨幣」が誕生し、1882年には日本の中央銀行として日本銀行が設立されます。


江戸時代、金貨をつくる機関のことを「金座」銀貨をつくる機関のことを「銀座」と呼んでいました。現在の東京都中央区銀座の「銀座」はそこからきています。では「金座」はないのでしょうか。地名は残っていませんが、日本銀行本店は金座の跡地に建てられています。

ここまで読んでみて,,,『へえ~』としかならないですよね(笑)



それだったら今と昔の違いを話していく方がおもしろいですよ!

たとえば、昔の大判と小判!!

今だといくらになると思いますか??


小判29万円!!!です(笑)

大判はなんと、、、、、290万円!!!です(爆笑)

なかには1000万円!!!もいく大判も存在します。



また、

1964年(東京オリンピック)その時の”おそば”1杯の値段はいくらでしょう??

①150円

②50円

③200円


答えは②です(笑)

今では1杯1000円しますよね(笑)

そこまで価格・値段は何故変化していったのか?細かく、わかりやすくお子さんに説明はできますか??

そんなときこそ私達オンラインサロンでお子さんと一緒に楽しく学びませんか?

↓↓↓

親子で学べる!"おかね"の学校 CAMPFIREコミュニティ (camp-fire.jp)

月額2200円です。毎週授業を行います。後半になれば詳しい投資のやり方もレクチャーしますよ!!!

気になる方は覗いてみてください!!


ここから先は、オンラインサロンの第2回授業を流させていただきます!

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

1 件のレビューがあります
平均スコア 1.0
ポケッチ

内容が薄い…

この内容で、この値段は高すぎるかなと思います。情報商材というよりも、サロンへの勧誘がメインの記事です。

この記事を購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。