ムームードメインで、信頼性高い.jpドメインを仮登録しよう!

ムームードメインで、信頼性高い.jpドメインを仮登録しよう!


▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ムームードメイン

 

ムームードメインで安全と信頼性を手に入れる:仮登録の魅力と手続き方法を解説

「.jp」ドメインは、世界で最も安全と評価された国別ドメインを取得できるムームードメインの仮登録サービスを利用して、ビジネスの成功への第一歩を踏み出しましょう。

仮登録の概要

ムームードメインは、まだ登記前の企業でも「.co.jp」や「.or.jp」ドメインを仮登録できるサービスを提供しています。仮登録を行った後、6ヶ月以内に法人登記と本登録申請を完了すれば、ドメインを引き続き利用できます。

属性型JPドメインの特徴と対象者

属性型JPドメインには、種別ごとに異なるドメインが存在します。企業や法人が利用することを前提とした「.co.jp」や「.or.jp」があり、それぞれ特定の組織種別に限られます。この限定された範囲が、安全性と信頼性を高める要因となっています。

仮登録期間の延長と復旧手続き

仮登録期間後に本登録が行えない場合、ドメインは廃止されますが、一定の条件下でドメインの復旧が可能となります。回復手数料を支払い、仮登録期間の延長手続きを行うことでドメインの利用を再開できる可能性があります。

汎用JPと属性型JPの違い

汎用JPと属性型JPドメインは、取得・更新費用や必要な情報、管理変更手続きなどに違いがあります。属性型JPドメインは、特定の法人や組織に限られ、WHOIS情報の代理公開サービスは利用できません。

属性型JPドメイン管理の仕組みと取得までの流れ

ムームードメインで属性型JPドメインを取得するには、まずムームーIDを取得します。そして、担当者情報や技術担当者情報、組織情報を登録して、ドメインを取得します。法人登記が未完了でも、仮登録を利用して属性型JPドメインを取得できます。

参照:公式サイト

参考:

FAQセクションへのアクセス方法を簡単に説明します。

ムームードメインの公式サイトにアクセスします。

上段に、「マニュアル、よくある質問、お問い合わせ、コントロールパネル」とあります。

この「よくある質問」をクリックします。

または、検索窓にキーワードを入力して検索します。

 

*最新情報は公式サイトから ↓


ムームードメイン

 

 141 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です